道民の声→「北海道より東京の冬のほうが断然寒い!」その理由とは?

道民の声→「北海道より東京の冬のほうが断然寒い!」その理由とは?

「北海道より東京の冬の方が

断然寒い

と聞いて皆さん、どう思いますか?

 

 

「いやいやww んなわけww」

 

「北海道の方がどう考えても寒いやん」

 

「寒すぎて鼻毛とか凍るんじゃね?」

 

って思っている方も多いでしょう。

 

確かに、鼻毛は凍ります(´◉◞౪◟◉)

 

なんなら私も毎日鼻毛をビンビンに凍らせながらナイター滑ってます(´◉◞౪◟◉)

 

ですが、実際冬の北海道で暮らしてみて

「東京の方が断然寒かった」

と私も思います。

 

なぜ、-10度、20度まで下回るような北海道より-2,3度の東京の冬の方が寒いと感じるのか、理由をいくつかご紹介します!

 

この記事が、冬の北海道の寒さが怖くて北海道に来るのをためらっている人のお役に立てたら幸いです♡

東京より北海道の方が寒くないと感じる理由

では、早速いくつか「北海道の方が寒くない」と感じる理由を見ていきましょう!

基本、外にいない

まず、そもそも外にいることがありません(´◉◞౪◟◉)

 

もちろん天気予報通り-20度、-30度になることはありますが、それは屋外の話です。

 

みんな基本的に部屋の中、建物の中にいます。

 

部屋の中は雪国仕様でかなりあったかいので、冬でもTシャツ短パンで過ごす人も珍しくありません。

 

それに対して、東京では通勤時や営業回りで外を歩きますよね?

 

山手線の電車を待つときも外で待ちますよね?

 

友達の待ち合わせで屋外のアルタ前で待ったりしません?

 

北海道にいると基本的に無防備に外を出歩かないのであまり寒いと感じる機会がないんです。

靴が本気

寒さって足元から来ると思うんですが、東京の戦闘能力の極めて低いOLとかは薄手デニールのタイツにピンヒールっていう装備ですやん?(´◉◞౪◟◉)

 

それに対して北海道の人は、SORELか完全防寒防水防滑の長靴です。SORELは雪国道産子御用達のブランドで、-40度まで耐えられるんです(ってメーカーの兄ちゃんがゆってました。)

まあー40度は言い過ぎだけど、-15、20度くらいだったら余裕です。

ビル風がない

北海道はどこもかしこもこんな感じです。

ビルどころか高めの建設物なんてほとんどありませんので、ビル風が発生しません。

 

-20度の無風空間より

-2度のビル風にさらされる空間の方が

体感温度は寒く感じるみたいです。

家の作りが全然違う

個人的にはこれが一番、「北海道の方があったかい」って思う理由なんじゃないかなって思います。

 

部屋の中が

とにかくあったかい。

 

東京のマンションに住んでいたときは、部屋の中でもヒートテック、タイツ、ハラマキ、もこもこ靴下を履いて、それでもブルブル震えながら過ごしていたんですが、

 

北海道の部屋では、Tシャツ、ノーパン、薄手のジャージで過ごしてます。靴下なんか履いたら夜暑くて寝苦しいくらいです。

 

関連記事:パンティーから解放されよう!ノーパン睡眠スタイルの5つのメリット

 

北海道に来れば、冬でもTシャツ姿でアイスクリームを食べれますよ☆

外に出るときは「覚悟の上」

北海道に住んでいると冬の間は基本外に出ないとご説明しましたが、もちろん、外に出ることもあります。

 

私も毎晩ナイターで外に出てますし、休みの日は朝から晩まで外で滑ってます。

 

が、外に出るときは

「今からクソ寒い場所に出かける」

っていう覚悟の上で出かけているので、服装などの防寒対策が超重装備なんです。

 

で、覚悟の上で外に出てるから、多少寒くても

「まあ、ゆーて北海道やし(´◉◞౪◟◉)」

って軽く流せますw

まとめ

いかがでしたか?

 

冬の北海道を勘違いしてる人、けっこう多いと思います!

 

冬の北海道を旅するときは、案外室内用の半袖シャツとビーサンが役に立ったりするんです!

 

是非冬のあったかい北海道に遊びに来てくださいねー♡