バレンタインデーを控えた男子たちへ|もらうチョコの数よりも質を競え

バレンタインデーを控えた男子たちへ|もらうチョコの数よりも質を競え

来る2月14日は、バレンタインデーですね!

 

下駄箱を綺麗にして

机の中を整理整頓してスペースを作って

1週間ほど前から女子に優しくして

準備万端にスタンバイしている男子たちへ。

 

「バレンタインデーのチョコは数ではなくを競いたまえ」

 

バレンタインデーのチョコは、ご存じのとおり、

本命チョコと義理チョコ

本気チョコとばら撒きチョコ

など同じチョコレートなのに、あげる側の人の心持ち一つで名前が変わってきます。

 

そして本来、バレンタインデーに男同士で競うべきはもらったチョコレートの数ではなく、

もらったチョコレートにどれだけの想いが込められているかなのです・・・!

 

ばら撒きチョコを30個もらうよりも

あなただけのことを想って

何日も前から準備して

メッセージの内容を考えて

手書きの手紙を入れてラッピングして

わざわざ呼び出して渡される

たった1個のチョコの方が何倍も価値があるのです。

 

なぜ、数より質を競えと言っているのか、その理由をしっかり理解してもらうために、

バレンタインデーにおける女子たちの本音をご紹介していきます。

ばら撒き女子の本音

まずはばら撒き系女子の心のうちから。

 

完全に投資対効果を考えてます(´◉◞౪◟◉)

 

元手300~500円程度のチョコをばらまき、それを受け取った何人かから高価なホワイトデーのプレゼントを期待しているのが本音です。

 

実際、300円のチョコを渡してお返しにエルメスのスカーフをもらったケースもあるので、

一部の女子からしてみるとバレンタインデーは

3月14日に向けて投資する日なのです(´◉◞౪◟◉)

手作りチョコ女子の本音

次に手作りでチョコを渡す女子の本音。

 

それは

「安くて大量生産できるから」

です。

 

もう、工場長と同じ心理。

 

そして、手作りチョコであれば同時に女子力アピールもできるので、今後もし気になる人ができたときにも備えられます。

 

「手作りの方が心がこもってるから嬉しい」

というのが男子側の意見かもしれませんが、女子的には

「安上がりなのに心こもってるに見えるから一石二鳥」

なのです。

「質」が高いチョコかどうかの見分け方

バレンタイン女子の本音をご紹介したところで、

果たして自分が受け取ったチョコが、恐ろしい思惑の女子からのチョコなのか、

それとも自分だけのためを想った質の高いチョコなのかの見分け方もご紹介していきます。

明らかに高そう

Godivaとかヴィタメールのチョコの場合は、本命率が高いです。

 

ここのチョコ、結構高いです。

 

こういう明らか高級チョコの場合は本命チョコか、もしくは

 

投資対効果を見越してのハイリスクハイリターン勝負に出たチョコかのどちらかです。

明らかに手が込んでそう

手作りチョコは原価が安いとは言え、手が込んでいるものは作る手間が半端ないので、本命チョコの可能性大です。

 

女子たちも暇じゃないので本命の人のためにしかパワーを割きません。

 

例えばザッハトルテや生地から作っているチョコタルトなどはめっちゃ作るの大変なので、(まああたしは作ったことないけどね)これらの手作りを受け取った場合は本命だと判断してほぼ間違いないでしょう。

 

ちなみにガトーショコラは超絶作るの簡単なので義理の可能性大です。

(わたしはいつもガトーショコラばら撒き派です)

手書きのメッセージが入っている

一言二言ではなく、ちゃんと思いが込められた手書きのメッセージが入っている場合はほぼ100%本命チョコで質が高いと言えます。

 

 

ただし、メッセージが入っているからと言っても、一言二言の簡単なものであれば、戦略的に投資対効果を狙ったチョコのケースもあるので要注意です。

最後に

間違っても

「俺、甘いもの苦手なんだよねー」

っていう言い訳いうのやめましょう。

 

クソダサいです(´◉◞౪◟◉)

 

では、皆さんにとってHappyなバレンタインデーになりますように♡