パスポートのいらない世界一周旅行!リトルワールドお勧めポイント6 選

パスポートのいらない世界一周旅行!リトルワールドお勧めポイント6 選

名古屋の観光ってどこ行けばいい?

 

 

友人たちから何度言われたことでしょう。

 

そして、そのたびに

名古屋城・・・・とかかな?」

と名古屋出身の自分でも興味が無くて行ったことがない名古屋城を勧めていて、

「名古屋って住むには最適だけど観光地って確かにあんまないかも」と思っていたんですが、

 

よくよく考えたら、ありました!

名古屋の観光地!!!

というか、視野を広げて愛知の観光地!ww

 

関連:名古屋弁マスター|名古屋人が標準語だと思い込んでいる名古屋の方言

名古屋(というか愛知)のおすすめ観光地=リトルワールド

あんにゃが自信をもってお勧めする名古屋(というか愛知)の観光地は、リトルワールドです!!!

バリ島の有名な門@リトルワールドバリ地域

 

愛知県の中学校高校のほとんどが遠足で行くので愛知県民なら一度は足を踏み入れたことがあると思います。

 

そして、私はこのリトルワールドが大好きすぎて、東京に住んでいるときですら帰省のたびに立ち寄っていて年に3,4回行ってました。

 

ということで、今回は、リトルワールドをお勧めする6つの理由と、より楽しむためのポイントをご紹介します。

 

行き方とか料金は本サイト見たほうが確実だと思うので、最後の方に軽く触れるだけにしておきます☆

リトルワールドをお勧めする6つの理由

広いので1日遊べる

観光スポットって、思ったよりすぐに見て回れちゃったり混みすぎて疲れちゃったり案外一日中楽しむのって難しいですよね。

 

しかーし!

リトルワールドなら、めちゃめちゃ広いのですぐに飽きてしまった、という心配はありません。

 

そして、めちゃめちゃ広い上に、千葉県にあるネズミの国のワンダーランドと違ってそこまで人が押し寄せることはないので、混みすぎて人酔いすることもないので安心です。

建物がガチ

「田舎にあるテーマパークって

どうせしょぼいんでしょ?」

と侮ってはいけません。

 

リトルワールド内に設置されている建物は各国で実際に使用されていたものをもってきているので、ガチです。

 

初めて見た人はたいてい圧倒されてます。

 

外から見るだけじゃなく、中に入って見物することも写真を撮ることもできますので1つの建物をちゃんと見るだけでけっこう時間かかります。

各国の文化と歴史を楽しく学べる

建物をメインに見て回るのですが、それぞれに各国の文化についても説明がされているので、世界史などを勉強している学生さんとかも楽しく学べるのではないでしょうか。

 

もともと歴史に興味がなくても、ここでの思い出をきっかけに興味もてたら最高ですね。

季節ごとにイベントがあって飽きない

冒頭で年に3,4回リトルワールドに行っているとお話ししましたが、これだけ行っても飽きない理由は、季節ごとにちょっとしたイベントがあるからです。

 

イベントごとに出ている路面店のメニューが変わっていたりサーカスショーの内容が変わっていたりと毎回行くたびにマイナーチェンジしているので地味な変化を楽しむことも可能です(´◉◞౪◟◉)

サーカスが本格的

1日に3回くらい(季節によって変わる)披露されるサーカスが、これまた結構ガチ。

しかも追加料金なしで見れます。

 

これ無料ってめっちゃ得やん」っていつも感激してます。

 

サーカス会場が入り口すぐのところにあるのですが、逆に言うと各国の建物や食べ物を見て回っていて入り口の反対側にいると戻ってくるのがめちゃめちゃ大変なので、

入場したら第何回目の公演を見るか決めてから計画的に野外博物館を見て回るといいですね。

衣装コスプレでインスタ映え

何度行っても飽きない2つ目の理由がこれ!

 

各国の民族衣装をレンタルしてコスプレを楽しむことができます。

 

私はしょっちゅう行けるので1回行くごとに1つの国の衣装を着て毎度楽しんでいますが、たまにしかいけない人は3つくらい着ちゃってもいいと思います^^

 

私がこれまでに来た民族衣装をいくつかご紹介しまーす。

↑ペルーエリアのコスプレ

 

↑中国エリアのコスプレ

 

↑バリ島エリアのコスプレ

より楽しむための5つのポイント

歩きやすい靴で

通常のテーマパーク同様、リトルワールド園内はけっこう歩きます。

 

ヒールとかヒールとかヒールとかで行かないように。

関連:女が金のかかる生き物だと思われてしまうすべて謎が解けたので報告しようと思う

衣装コスプレする場合は事前に目星をつけておく

たまにしか行かない人は一度に何着も着ちゃうのがお勧めですが、事前にどこの国のコスプレをしたいか一緒に行く人と相談しておくといいでしょう。

 

園内に入ってすぐテンションが上がりまくってコスプレを見つけるたびに衣装を着ていると、後半になって

「これ着たい!」

って思っても、小銭がなくなっている可能性も否めません。

※1着500円程度かつ途中でATMない

 

コスプレは計画的に。

第何回公演のサーカスを見るか決めておく

お勧めポイントのサーカスについての部分でも少し触れましたが、「フランス」や「ドイツ」エリアサーカス会場から真反対に位置していて、

かつ、10時くらいに入園するとちょうどサーカスが始まる時間帯にフランスでご飯でも食べようって話になってるはずなんです。

 

だから、事前に何回目の公演を見るのか決めておき、それに合わせて行動するといいでしょう。

 

なお、ぎりぎりに会場に行くと席が埋まっていて立ち見になる可能性もあるので少なくとも15分くらい前についておくと安心です。

カメラと自撮り棒は必須

リトルワールドはただの博物館ではありません。そのため、写真を撮りまくるのが基本です。

 

カメラをお忘れなく。自撮り棒もあった方が便利です。

レジャーシートあってもいいかも

ところどころにひろーい芝生があり、天気がいい日は店の中よりもそのへんの芝生で各国自慢のビールやおつまみ、食事などをいただくのが◎です。

 

天気予報を確認して気候がよさそうであればレジャーシートも持っていくとより楽しめること間違いありません!

アクセス

車で行く場合、名古屋駅から名古屋高速を使って1時間ほど

カーナビに「リトルワールド」って入れたらナビが案内してくれます。

 

詳しくは公式サイトで→ お車をご利用の場合

公共交通機関

名古屋駅から電車とバスを使って1時間程度。料金は990円~1040円ほど

 

詳しくは公式サイトで→電車・バスをご利用の場合

料金

駐車料金

乗用車800円

入場料

大人:1700円

65歳以上:1300円

高校生:1100円

小中学生:700円

3歳以上:300円

衣装

種類によって300円~500円と変動します。

 

おそらく、インスタ映えを気にする女子だと500円のを選ぶかと(´◉◞౪◟◉)

食べ物の相場

だいたい夏祭りの屋台くらいな感じの料金相場です。つまり割とぼったくりですww

 

まあテーマパーク価格だと思って楽しんでください。

 

詳しくは公式サイトで→リトルワールド公式サイト

まとめ

いかがでしょうか。

 

「名古屋に行くけどどこ観光しよう」

「今週末どこに行くか決まっていない」

 

という方はぜひパスポートのいらない世界一周旅行に出かけてみては?