サンタへのプレゼント申請方法の進化に付いていけなそうで恐怖を感じる

サンタへのプレゼント申請方法の進化に付いていけなそうで恐怖を感じる

12月といえばクリスマス!

 

クリスマスといえば

赤い服を着た見知らぬホリの深い老人が、

全世界において一時的に不法侵入の罪を免除されて、

ありとあらゆる家に合法的に侵入して、

申請を受けた物品を枕元に置き去る日

ですよね(´◉◞౪◟◉)

 

関連記事:【クリスマスぼっち】やりがちなNG行動と無事にクリスマスを終える方法




 

ちなみに、皆さん、小さい頃ってサンタさん、信じてました?

 

あんにゃはこう見えてバリバリ信じてました(´◉◞౪◟◉)

 

そして、毎年、サンタさんにお手紙を書いていました。

きっと皆さんもサンタさんへのプレゼントのお願いは手紙でしていたんじゃないかと思います。

 

それが今、サンタさんへの

プレゼント申請手段に変化が訪れているのです!!!!!!

 

最近聞いたサンタさんへの依頼方法

先日、友人のお子さんと一緒にランチをしていた時の話です。

 

「もうすぐクリスマスだねーー!●●君はサンタさんになに頼んだの?」

「レゴだよ!この前サンタさんにメールするようにママに頼んどいたの!」

 

(え?(´◉◞౪◟◉)

イマッテメールデオネガイスルンデスカ?

 

これぞ、ジェネレーションギャップ・・・!!!!!

 

確かに、冷静に考えると郵便物は現住所が定まっていないと送れないし、現住所が分かったとしても不在だと不在票のやり取りがあってめんどくさい。

メールであればネット環境さえ整っていればいつでも受け取れる・・・・。

 

なるほど。

今の子、賢い。

今後のサンタとのやりとり(予想)

最近の子のサンタさんへの依頼方法によってBBAPを起こしたあんにゃは、

悔しかったので、今後サンタさんへの依頼方法がどのような進化を遂げるのか、勝手に予想してみました。

 

※BBAPとは:自分がババアになってしまったと自覚してショックを受けたときに起こってしまうパニック症状のこと。読み方は「ばばあぱにっく」

LINEでサンタにお願い

メールの次はきっとLINEだ!!!

 

「ねえママ、サンタのやつ、既読付けてんのに、全然返信してこないんだけど。」

 

「ねえママ、サンタのやつ、未読スルーしてるくせにインスタに「日本なう」って写真上げてるんだけど。」

アマゾンのURLでサンタにお願い

お願いするプレゼントをこれまではざっくりお願いしていたと思いますが、近い将来、アマゾンのURLを直接貼る方式になると思われます。

 

「サンタへ。今年のプレゼントはこれでおねしゃす↓

https://www.amazon.co.jp/※※※※」

 

「ほしいものと若干違った」という手違いが起こらない上に

サンタのアマゾンポイントも貯まって一石二鳥です。

チャットワークのタスクでサンタにお願い

IT系に勤めている人が相当な比率で活用していると思われるチャットワーク

サンタへの依頼も今後はチャットワークで行われる日も近いのではないでしょうか。

 

「あ、今サンタがタスク完了した!もうすぐ届くねママ!」

「(サンタ)うわーー2日放置しただけなのに

タスクむっちゃ溜まってんじゃん。だるっ。」

 

サンタのタスク漏れを防げるので素敵な依頼方法だと思います。

ジモティ形式

【地元の掲示板、ジモティ~♪】

のCMで有名なジモティ形式での依頼方法もありえるかと思います。

 

【ジモティ的な申請投稿】

ニン●ンドース●ッチ譲ってください

 

【サンタからのコメント】

ニン●ンドース●ッチは最新版で手に入りにくいんで、少し前の旧式モデルでもいいでしょうか?それであればすぐにお渡し可能です。ご指定の日時にそちらにお伺いしますので住所をご記載ください。

 

サンタさんも交渉の余地があってお互いフェアでいいと思います。(´◉◞౪◟◉)

まとめ

サンタさんへ。

 

今年も多くの子供たちのために頑張ってください。

 

そして、依頼方法の変化に乗り遅れないように頑張ってください。