【クズ記事】「一人暮らしって虚しい」と感じてしまう5つの瞬間と虚しさ解消法

【クズ記事】「一人暮らしって虚しい」と感じてしまう5つの瞬間と虚しさ解消法

私はかれこれ10年近く一人暮らしをしております。普段は「1人って自由で最高ーー!!!」って思ってるんですが、ふとした時に「嗚呼むなしい・・・・!!!」って思うことがあります。

 

たぶん、一人暮らしをされている方は一度は「1人って虚しい」と感じたことがあるんじゃないでしょうか?

 

今回は、一人暮らしをしていて虚しいと感じる瞬間を個人的な主観をもとにまとめてみました。

 

ついでに、その虚しさを解消するための解決方法もいくつか考えてみたので、寂しい一人生活を送っている方にとって少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

※「少しもお役に立たない」くだらない内容が含まれています。真剣にお悩みの方は腹立たしさで私に怒りを感じる恐れがありますのでこのあたりで読むのを辞めることをお勧めします


虚しいと感じる瞬間

①湿布

首や背中に湿布を貼るときに必ず湿布の粘着面がくっついていい感じに貼れないとき。

そして、もともとその部位を痛めてるから湿布貼るのに、少しでもベスポジに貼ろうとして変な感じにカラダねじるから余計に痛めちゃうとき。

 

「嗚呼。誰か、後ろからベスポジに貼ってくれ。」

 

②耳クソ

めちゃめちゃでかい耳クソが取れた時の感動と爽快感を誰とも共有できないとき。

さすがにインスタには上げにくい

 

「えーーーーこんなおっきい耳クソ今まで耳に入ってたとか、今までちゃんとあたしの声聞こえてたぁ~~~~~?( *´艸`)」って誰かと分かち合いたい

 

③ケーキ

ちょっと贅沢して大きめのケーキを買ったときに店員さんにスプーンの数を聞かれたとき。

 

スプーン、一つで大丈夫です!!!!

④ベッドの解体

一人暮らしを始めたばかりのときは、「一人じゃぜったいむり~~~」って思ってたベッドの解体が、引越2回目くらいから1人でスムーズに難なくこなせてしまったとき。

 

「(引っ越し屋さんに向かって)あ、組み立ても一人でできるんで、もう大丈夫です。」

 

⑤冷蔵庫

冷蔵庫の中にビールと醤油しか入っていないのに、誰からも私の健康についてツッコミをいれられないことに気が付いたとき。

 

「あんにゃの家の冷蔵庫ってビールの業者みたいだね」「・・・・・・(´◉◞౪◟◉)」

虚しさを解消するための方法

1人って虚しい。本当に虚しい。なんとかしたい・・・!!!!

 

打開策を模索しようじゃないか。

ペットを飼う

ベタ。ベタだけど、絶対即効性のある解決策。

 

ただ、「独身でペット飼うと一生結婚できない」という負のスパイラルに陥る可能性大。

 

できるだけ家に帰らない

家にいるから虚しいんだ・・・!

 

家に帰らず外に出て飲み歩けばいいんだ!!!!

 

どうぞ→{関連記事}もう食べ●グが信用できないと気付いたあなたに、本当に旨い店を紹介しよう

 

あえておかずを作り過ぎてお隣さんにおすそ分けする

「作りすぎちゃったんでよかったら~」っていう昭和的なコミュニケーションを図ってみる。

 

ただし、そのためには調理する必要があるわけで、冷蔵庫内のステータスがビールの業者だと実現不可能

 

テレビでお笑いコンビの相方より先にツッコミを入れる

これはいつも私やってます。

誰かと会話している気分になって一時的に虚しさが解消されます。

 

が・・・・

 

コンビの相方より先に良い感じのツッコミを入れれたときの爽快感たるや、ほんとうに誰かと共有したい(´◉◞౪◟◉)

 

Siriの活用

Hey Siri!!!

 

宇宙と交信

最終的に地球の価値観から解放されましょう。

視野を広げればきっと虚しさも解消されるでしょう。

まとめ

くだらない内容にお付き合いくださり、感謝します。

 

読者の皆様がいらっしゃる限り、

私は今後、一生ずっと永遠に

たとえ来世一人だったとしても虚しさを感じずに生きていけます。

みんなありがとう。