みんな毎朝、超重大な決断してんじゃないの?私の考える「決断」の在り方

みんな毎朝、超重大な決断してんじゃないの?私の考える「決断」の在り方

会社を辞めることを決めてから上司や親友含め、いろいろな人にその報告をしてるんですが、決まってみんなに

 

「えっ!?そんな重大な決断、なんで突然!?」

と驚かれます。

 

私からすると、突然決断したわけではなく、日々考えてきたことが、今回はたまたまわかりやすく行動に現れただけなんだけど、やっぱり周りから見ると突然決断したように見えるですね・・・

 

今日はちょっとその「決断」を切り口に、毎日の生き方ついて私なりに考えてみたいと思います。

一般的に大きな決断と言われるものについて

そもそも、「決断する」っていう部類に入るものってなんだろうって考えました。

・どの大学に入るか

・どの会社に入るか

・入った会社を辞めるかどうか

・転職するかどうか

・誰と結婚するかどうか

・離婚するかどうか

・家を買うかどうか

・海外に移住するかどうか

こんなところですかね?

 

結婚20年目の夫婦から、ある日「離婚することにした」と言われたり

勤続15年の上司が「明日で会社辞めます」と言ったりしたら

 

やっぱりみんな「何を突然そんな・・・」ってなるんかな。

 

そもそもみんな毎日「決断」して生きているんじゃないの?

思うに、みんな毎日、決断していると思うんです。

 

毎朝なのか、毎晩なのかわかんないけど。

私の場合は朝。

 

毎朝、「今日は会社に行くのか、それとも辞めて自分で会社を起こすのか、それとも完全に仕事辞めて誰かのヒモになるのか」を問いかけて

 

今日は会社に行って仕事をする。」と決断してました。

 

だから、周りから見たら、会社辞めて旅に出るっていったとき、「突然」「大きな決断」をしたみたいに見えるのかもしれないけど、当の本人からしたら、

 

今日の朝も同じように、自分に

会社に行くの?今の会社辞めて自分で会社やるの?

それとも組織から外れて一人で旅に出るの?

と問いかけた結果

 

旅に出ます

ってなったわけです。

 

私が考える「決断」とは

何が言いたいかっていうと、

毎日、嫌々会社に行っているサラリーマンも、

毎晩毎晩、居酒屋で「会社やめたーーい」って飲んだくれてるOLも、

 

毎日「会社に行く」っていう決断を自分でしているんだから、文句言うなよ、ってことです。

 

「会社辞めたら家族が困る」

「親に呆れられてしまう」

「彼女に振られちゃう」

って色々反論が来そうだけども

 

それらを踏まえて自分で決断しているわけですよね。

 

毎朝の決断によって「なんとなく生きる」ことから脱したい

だから、私は毎日を「なんとなく」生きたくないです。

 

毎朝、「今日はこうやって生きてやる」って決断して、

自分の決断に満足しながら生きていきたい

 

誰かのせいにしたり、環境のせいにしたりしたくないです。

 

明日死んでも後悔しない生き方を常に模索していたいです。

 

自分の生き方に満足する。そのための決断が、今回は、今の会社を辞めるという形になりました。